イベント概要.png

​『等伯の桜と春の濃淡』

大本山妙蓮寺が所有するオリジナルの長谷川等伯の襖絵が観覧できます。等伯の襖絵には桜が描かれており、境内に咲く4種類の桜とリンクするような構図が見受けられます。描かれた桜と実際の桜を花見のようにごゆっくり堪能してください。また現代作家3人の展示もお楽しみいただけます。

開催場所・・・妙蓮寺

開催期間・・・2022年3月26日(土)〜4月30日(土)

拝観時間・・・10:00~16:30(入館16:00まで) ライトアップ17:00〜20:30(入館20:00まで)※ライトアップ時は長谷川等伯は見られません。石庭、桜のライトアップを行います。

拝観料・・・・800円/小学生以下無料 ※1枚の拝観チケットで昼とライトアップの2度入場できます。

会場案内.png
妙蓮寺

長谷川等伯襖絵や、桂離宮を作庭した玉淵坊日首による「十六羅漢石庭」を有する。夜間は万灯会を開催。

■バスで行く。

・市バス「堀川寺之内」停留所下車 寺之内通を西へ100m 徒歩2分
■電車で行く。

・京都市営地下鉄烏丸線「今出川」駅下車 徒歩16分

■タクシーで行く。

・JR「京都」駅より約20分

近隣のおすすめ.jpg